山下拓耶の挨拶

私、山下拓耶は、この言葉が好きです。

企業は経営者次第といわれる。しかも業績がよくなる時よりわるくなる時の方が経営者の占める比重が大きい

これは、富士ゼロックス社長・会長、小林陽太郎さんの言葉なのですが、私は、本当にその通りだと思います。

とかく経営陣の中には、企業が右肩上がりのときには、自分の経営能力を評価し、一旦業績が悪化してくると全てを部下のせいにしてしまい、自分の経営能力を部下へと責任転嫁していまう方々がいらっしゃいます。

このようなトップを持ってしまうと優秀な部下たちが可哀想でなりません。

私自身、偉そうなことを言える立場でもないのですが、経営についていえば、決して部下のせいにしようとは思いません。

うまく会社の業績が上がらないのであれば、そこに必要であるメスを入れ、社長という立場でなければできないことに挑戦していき、業績を右肩上がりとなるよう会社経営を回復させる。

これこそが、経営者のあるべき姿なのではないでしょうか?

会社の経営を活かすも殺すも、経営者次第です。
とかく当社においては、私、山下拓耶が日々成長していかなければなりません。
立ち止まってしまっては、示しがつきません。
少なからず、株式会社エターナルという会社を率いているわけですから。

困難なときにこそ部下を守れず、言い逃れしてしまうような経営者の下では、決して有能な部下は育つことはありません。
ましては、その有能な才能を殺してしまうかも知れません。

いかに営利集団だとはいえ、社員の成長のない会社はとてもつまらないもので、それを会社経営といってしまっていいのでしょうか?

社員一人一人が、縁の下で会社を支えてくれるからこそ、現在の立場があるのだということを忘れることなく、常に成長して以降とする意識を自覚していかなければなりません。

山下拓耶

インターネットという仮想空間には、まだまだたくさんの可能性が残されています。
この大きなトラフィックを生み続けるwebの世界には、実世界では感じることのできない可能性と、生まれや育ちを超越した限りのない夢が詰まっています。

誰でもが、ほんの少しのアイディアと押し出す勇気さえあれば、その夢を実現できる可能性を秘めているのです。

とはいえ、そのような環境で甘んじているわけには行きません。
最後には、己の力と自信、絶え間ない努力が必要です。

可能性を追いかけ続けましょう。