東京都では、感染症の拡大防止と経済活動の両立を図るため、人流の抑制に極めて有効なテレワークの定着に向け、従業員300名以下の中小企業に対する新たな支援を開始。

都内中小企業1万社を目標に「週3日・社員の7割以上」、3か月間、テレワークを実施した企業を「テレワーク・マスター企業」として認定し、最高80万円の奨励金を支給。

エントリーが5月25日から6月30日までとなっており、テレワーク実施のため、企業が負担した通信費や機器・ソフト利用料などの経費に対し、最高80万円の奨励金が支給されます。

【対象】

常時雇用する労働者が1名~300名以下の都内中小企業等

【要件】※その他要件あり

  1. 「テレワーク東京ルール」実践企業宣言に登録、「計画エントリーシート」の提出(6/30まで)
  2. トライアル期間中(5/12~9/30)に、テレワーク実施可能な社員数のうち、「週3日・社員の7割以上」、3か月間テレワークを実施

【対象経費】

通信費、機器リース料、ソフト利用料、テレワーク手当、サテライトオフィス利用料など、社員がテレワークを実施するために企業が負担・支出した経費。
※経費の領収書や支払証明書等に基づき支給

奨励金を支給

お問い合わせ先

■「テレワーク・マスター企業」の認定制度に関すること
 東京都産業労働局労働環境課
 TEL:03-5320-4657

■奨励金に関すること
 (公財)東京しごと財団雇用環境整備課
 「テレワーク・マスター企業支援奨励金」事務局
 TEL:03-6734-1301(平日9時~17時)
 ※平日12時~13時、土日・祝日、年末年始を除く

サンワから作業効率のあがる専用ショートカットキー16個搭載し、スタンド付きで充電式のBluetoothキーボード「400-SKB071」が登場。

これは、iPadOSで使えるタッチパッドを搭載したBluetoothキーボードで、中央下部にタッチパッド付きでカーソル操作やクリック操作が行えるようになっていて、別途Bluetoothマウスやタッチ操作不要でキーボードでの操作することができます。

タッチパッドは、通常操作のほか指を2本使用して、スクロールやメニュー画面を開くことも可能となっており、さらには最大3台の機器を登録できるようで、ボタンを押すだけで機器の接続を切り替えることができるマルチペアリング機能搭載。

またiPadやiPhoneで使用できる便利なショートカットキーを16個搭載されていて、ワンタッチでホーム画面に戻ったり、ボリューム調整をすることができるのだとか。

キーボードは充電式で、約2時間の充電で約25時間連続で3,618円(税抜)。

これはiPadユーザにはうれしい製品ですね。